きょしき

結婚式のベストシーズンとは

結婚式のベストシーズンといいますと、一般的には、春から夏前の3月から6月の梅雨入り前あたりと、
秋から冬前の9月から11月中旬あたりと言われています。
この季節の土曜日、日曜日、祝日を結婚式に選ぶケースはとても多くなっています。
また、ジューンブライドから、6月に挙式を希望する方も多くなっています。

まず、この3月から6月の梅雨入り前と、秋から冬前の11月中旬が人気であるのは、
ご招待する方のことを考慮する点も含まれています。
春、秋は過ごしやすく、猛暑や大雪といった心配がありません。
また、ご招待する方が衣装を選びやすいことも利点といえるでしょう。
屋外での写真撮影でも、ホテルの庭が春は花が満開となり、秋は紅葉が映えて、より美しい時期です。

夏、冬の挙式にも利点はたくさんあります。
まず、春、秋の挙式に比べ、式場が空いていますので、比較的ゆっくりと式場を使用できます。
メイクや着付けを行う控室の混雑も避けられます。
式場によりましては、サマーキャンペーンを行っており、通常の料金よりも割安で、
お料理が豪華になるなどといった特典のあるところもあります。

冬の挙式では、クリスマスシーズンということもあり、
式場のホテルがクリスマス仕様で飾られ、素敵な雰囲気での挙式が期待できます。

春、秋の挙式ですが、ご招待する方により、都合をつけにくい月もあるかも知れません。
4月は新しい職場で働き始める方も多く、5月には社員旅行の予定が入っているという方もいます。
10月から11月は、甥子さんや姪子さん、お友達のお子さんをご招待する場合に、
幼稚園や学校での行事や、クラブチームの試合と日程が重なることもあります。

挙式をするのに人気のあるシーズンは、先にも述べましたように春と秋となっていますが、挙式をする方、
ご招待する方々のお住まいや年齢によっても、挙式に向いている時期かそうでないかは異なります。
一般的にベストシーズンとされる時期を考慮しつつ、挙式するお二人にとって、特別の日や、
挙式の後に出掛けるハネムーンに最適な季節など、本当に挙式を望む日を選ばれると良いのではないでしょうか。

Menu