きょしき

披露宴会場の席次はどうする?

結婚披露宴は、結婚式に列席した方ならなんとなく様子は分かると思われます。

まず、高砂と呼ばれます、新郎新婦の席があります。
結婚式といいますと、なんとなく新郎新婦に近い場所にご両親や、
昔からのお友達が座った方がいいように思いますが、一般的に高砂前の上座と呼ばれる席は、
上司や会社の方、年配の恩師のテーブルとなります。
この上座から、会社の人や友人、昔からの友達、親戚となり、末席がご両親となります。

しかし、最近では、そうした上座などを設けない席の配置の仕方や、
両家でのゲストの人数に大きな違いがある場合には、新郎側、新婦側と席を分けずに、
混合のテーブルにするといったケースも見られます。

さて、こうした上座などの一定のルールがある上で、披露宴の座席を決めていきます。
その中で、幾つかの配慮をすることにより、2時間以上掛かります披露宴を
ゲストの方が楽しい雰囲気で過ごせるか、お話する人もいない状態で傍観する状態になるかも異なります。

まず、会社や元同級生などのグループは、一つのテーブルにしましょう。
また、初対面同士というテーブルでも、話しやすい雰囲気の方や、
気さくな性格の方の席を工夫して配置することで、和やかな雰囲気になります。

ゲストの中には、妊娠中の方や、小さなお子さんを連れ、ベビーカーを使用する方、
車椅子を使用する方、高齢の方などもおられるでしょう。
スペースを取りやすいか、席の後ろを人が頻繁に通る場所でないか、
トイレには行きやすいかといったことへの配慮をし、事前に確認しておきますと安心です。
また、司会やカメラマンをゲストにお願いする場合には、移動しやすい席を選びましょう。

ゲストへの配慮としましては、テーブルに一人一人へあてたメッセージカードなどを用意し、
感謝の気持ちを伝えたりしますと、喜ばれます。

また、スピーチをする方や、その他のゲストの簡単な紹介をテーブルに添えておきますと、
今挨拶をしているのはこんな人なんだ、ということもゲスト全員により伝わります。

Menu