きょしき

人前式ってどんな結婚式?

人前式とは、お招きしたお客様の前で愛を誓い、結婚を宣言するというものです。
そのため、招待を受けた側は、二人の結婚の承認をするという大きな役割があるのです。
先にも述べましたように、人前式は、ご招待した方が二人の結婚を承認します。
ですから、宗教的な形式は必要なく、キリスト教式や神前式のように式には司祭や神主の登場はありませんし、
仏前式のようにご先祖様の前で行うこともありません。

列席した方に結婚の承認をしてもらう方法は、オリジナルの誓約書に承認の署名をしてもらうことや、
結婚宣誓後に拍手をしてもらう、ベルを鳴らしてもらう、クラッカーを用いる、などの方法があり、
これも新郎新婦の望む形式で行えます。
形式にとらわれず、二人にとって望むかたちでの式にできることが、人前式の最大のメリットです。

一般の結婚式では、ご家族をはじめとする親戚が列席者に多くなりますが、
人前式の場合は、友人や同僚を多く呼ぶケースもあります。
また、式場と披露宴会場を同じ場所にすることができますし、
希望によっては、リーズナブルな式にもできますし、様々な凝った演出で楽しめます。

人前式はとても自由な形式ですが、傾向としましては、
友人や同僚にたくさん列席してもらうパーティー形式のものや、親族での絆を重んじて、
新郎新婦の両親の紹介などにも触れた形式のものや、式を挙げる場所を重視し、二人にとっての思い出の場所や、
オリジナル性の高い演出のできる場所を選ぶといったものなどがあります。

また、新郎新婦の付き人、立会人などを務めてくれるアッシャー、ブライズメイド、
リングボーイ、フラワーガールをお願いするスタイルもあります。

人前式は、一般の結婚式を行うホテルでも多くの場合可能です。
人前式は列席する方の協力が必要です。
また、年配の方になりますと人前式がどんなものなのかご存知ない場合もあります。
そうしたことを踏まえまして、式にご招待する際には、人前式を選んだ旨について触れておくと良いでしょう。

Menu