きょしき

二部制の結婚式とは?

二部制の結婚式とは、おおまかにいいますと、
新郎新婦一組が、一部目、二部目とゲストを変えての食事会、披露宴を行うことです。
この二部制の結婚式の場合は、多くの場合、一部目に親族を招いてのパーティーを行い、
二部目で友人や同僚を招いてのパーティーを行います。

結婚式という大きなイベントは、新郎新婦がどのようなものにしていきたいかを決めていくものですが、
年齢の上がっている世代の多い親族と、同年代の友人や同僚世代では、
重んじるもの、楽しめるものに大きな隔たりがあります。

そういったところで、二部制結婚式は、どちらのゲストにも喜んでもらえ、
また新郎新婦も、親族にはきちんと挨拶ができ、友人や同僚とは楽しく盛り上がれる、
どのゲストにもより向きあいやすい内容になります。

さて、この二部制ですが、どのような順番で行うかが重要です。
例えば、挙式を行う時には一部、二部のどちらのゲストにも列席してもらい、
式の後に一部のパーティー、二部のパーティーというふうにします。

この場合、二部のゲストの方には、待ち時間が生じますので、
控室の充実や、その間に楽しめる場所をいくつか提案するといった配慮が必要です。

待ち時間を作らない二部制ですと、挙式をし、一部のパーティー、
その後もう一度挙式をし、二部のパーティーというスタイルがあります。
この場合、一部でキリスト教式、神前式の挙式を行い、
二部で人前式を行うというように、挙式の内容を変えます。

挙式を一度にし、どちらのゲストにも待ち時間がないようにするのでしたら、
一部のパーティーを行い、挙式に一部と二部のゲストに列席してもらい、
挙式後に二部のゲストとのパーティーを行います。

二部制結婚式の場合、一部に親族、二部に友人や同僚というふうになることが一般的です。
パーティーは一部が着席したスタイルで、二部が立食やビュッフェのスタイルというふうに、
一部と二部では内容を変えているケースが多いです。

また、会場ですが、別々の会場を使用することもありますし、
貸し切りの会場で使用する階を分けるなどして二部制の結婚式を行うこともあります。

Menu