きょしき

人気の挙式スタイル

日本では、結婚式の際の挙式スタイルがかなりの割合で自由に選べます。
これは宗教が強く生活に結びついていない現代のスタイルに大きく関係しているといえます。

まず、人気が高いのがキリスト教式の挙式です。
キリスト教の挙式は、司祭が立ち合います。
多くの結婚式場に併設されているチャペルでは、司祭をはじめ、聖歌隊などもいてくださり、
誰かにお願いしたいという希望がなければ、個人で探すということはほとんどありません。

キリスト教の挙式の大きな特徴は、バージンロードを歩くところでしょうか。
新婦の父と新婦がバージンロードを進み、司祭の前で待つ新郎に引き渡されるという流れは、
多くの方が結婚式やテレビドラマでもご覧になったことがあるのではないでしょうか。
このバージンロードは、新郎新婦で入場というスタイルも比較的多いようです。

指輪の交換や賛美歌斉唱、結婚宣言などを行います。
キリスト教式は、キリスト教に入信していない方でも挙げられます。
ホテルに併設されているチャペルでしたら、挙式、披露宴の打ち合わせの範囲で済みますが、
一般の教会での挙式を希望する場合は、挙式の前に何度か教会に通う必要があります。

神前式は、主に神社で行います。
昨今では、有名人の方も神前式スタイルの挙式が多く、人気を呼んでいます。
神前式の大きな特徴は、ご家族や親戚のみの参列となる点です。
披露宴の方に招待したお客様は参列できませんが、
最近ではそうしたお客様も参列できる神前式も増えてきています。

神前式はお祓いや祝詞奏上、お神酒を交互に飲む「三献の儀」などを行います。
お祓いや祝詞奏上につきましては、日本に住む多くの方が七五三や合格祈願などから、
何となくご存知なのではないでしょうか。

人前式は司祭は存在せず、進行を司会者や友人にお願いするというスタイルの、
列席者の前で結婚を近く、自由なスタイルの挙式です。
仏前式は、ご先祖に結婚の誓いをする式で、お寺での挙式や、自宅の仏壇前での挙式になります。

Menu