きょしき

6月の花嫁が人気な理由

「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」、そんな言い伝えが日本でも定着して久しくなりました。
この言い伝えこそが、「ジューンブライド」、6月の花嫁に直結しています。
もう少し詳しくジューンブライドについてご説明いたします。

まず、ジューンブライドはギリシア神話の女神、ジューノ(ギリシア語でヘラ)に由来しています。
女神は、結婚や出産、他にも家族や子どもといった女性が結婚後に関わり、取り巻く様々なことを司っています。
なぜ女神の恩恵が、6月の花嫁にもたらされるかといいますと、女神の守護月が6月だからです。
また、6月1日は祭礼も行われています。

6月はヨーロッパでは日本の春ごろの気候で、雨天の日が少なく、結婚にはとても適しています。
また昔は、3~5月は農作業が大変忙しい時期であることから、この3カ月間の結婚は禁じられていました。
そのために、その間結婚したくともできずに、待ち望んでいた人々が一斉に結婚をする時期でもありました。

つまり、ヨーロッパでは、気候の良さ、お祝いムードであることから、
6月は結婚に大変適した時期にあたるのです。

このヨーロッパでの言い伝えが、日本でも広がり、ジューンブライドという言葉も定着しました。
しかし、実際のところ、日本では6月に結婚式を望む人はそれほど多くないようです。
屋外を利用しての開放的な披露宴へのニーズが高まる中で、天候に左右されやすい6月の挙式は、
春や秋のベストシーズンといわれる時期に比べますと、そこまで式場を早くから押さえる必要はないようです。
その分、ジューンブライドを望む方にとっては式場の予約もしやすいのは、幸運といえるでしょう。

日本でのジューンブライドは雨天が多くなりますが、
屋内での披露宴や、海外でのハネムーンを兼ねた挙式など、十分に素敵な結婚式が期待できます。
「幸せになれる」という言い伝えのもと、生涯の幸せを望むお二人が決めた結婚は、
幸福をもたらしてくれるのではないでしょうか。

Menu