きょしき

幸せになれると言われている結婚式のサムシング4

サムシングフォー、この言葉を初めて聞く方は、そもそも何に関係しているかも分からないかも知れません。
このサムシングフォーは、結婚式に花嫁が身につけていると、幸せになれると言われる4つの「何か」のことです。
さて、この4つの「何か」ですが、厳密に~でなければいけない、といったものではありません。

マザーグースの歌に出てきます、
「なにかひとつ古いもの」から始まり、「新しいもの」、「借りたもの」、「青いもの」と続き、
終わりに靴の中に「6ペンスの銀貨」を入れます。

この「古いもの」は、ただ古い、というのではなく、祖母や母が使用したものです。
花嫁衣装や、ジュエリーがよく挙げられます。
この「古いもの」は祖先を現わし、受け継がれていく幸せという意味が込められています。

次に、「新しいもの」は、これからの新しい生活での幸せを現わしています。
これは当日に新調するものですから、比較的選びやすいと思われます。
ドレスや下着、靴、手袋といった身にまとうものから、小物やハンカチなどです。

「借りたもの」は、結婚後の生活が幸福であるようにと、結婚した女性からの幸せを分けてもらいます。
これは、新婦が結婚している友人や、叔母や義母といった女性から、
何かを結婚式で貸してもらえるようにお願いします。
先に使用されたベールや手袋といったものが多いでしょうか。
他には、結婚式で使用したティアラなど、貸してくださる方の幸せな様子が伝わってくるような品物もあります。

「青いもの」は、聖母マリアを象徴するカラーからきています。
花嫁の純潔を現わします。
この青は、あまり目立たぬところに身につけます。
ガーターベルトを飾るリボンを青にするケースが一般的です。
他に、ブーケに青い花を入れたり、指輪の内側にサファイアを入れるといった方法もあります。

サムシングフォーは、新婦が準備する他に、お友達からの贈り物として選ばれています。
プレゼント用のサムシングフォーのブーケやガーターベルトなどもあります。

Menu